食事

犬に与えたいササミ!ササミを使った犬ごはんとおやつのレシピ

投稿日:

人が食べてよいものでも、犬に与えてはいけないものはたくさんありますね。

知らないと愛犬の命に関わることもあるため、犬が食べる安全な食材への、

飼い主さんの意識が高まっているように感じます。

 

愛犬にササミを与えている飼い主さんは多いと思いますが、

ササミは犬に安心して与えることのできる、食材の1つです。

ササミの栄養成分や愛犬への与え方から、ササミを使った犬ごはんのレシピなど、

いろいろ詳しくご紹介していきます。

 

ササミの栄養価は肉類の中でもトップ!

ササミの特徴は、脂肪分をほとんど含んでいないことです。

良質のたんぱく質が非常に多く、高たんぱく低カロリーの食品といえます。

たんぱく質は丈夫な体を作るのに、必要不可欠な栄養素です。

 

鶏肉のたんぱく質は消化吸収しやすく、犬の内臓にも負担が少ないので、

ぜひ、取り入れていただきたいおすすめの食材です。

 

〈ササミに含まれる栄養成分〉

たんぱく質の他に、ビタミンAやビタミンB群が豊富です。

例えば、

・ナイアシン(必須アミノ酸)

ナイアシンが多く含まれるのも、ササミの特徴の1つです。

ナイアシンとは、ビタミンBの一種で疲労回復や粘膜を守る働きをします。

また、皮膚の状態を良くし、被毛にツヤを与える効果が期待できます。

鶏のムネ肉にも、このナイアシンは多く含まれています。

 

・トリプトファン(必須アミノ酸)

脳の健康維持が期待できます。

また犬の攻撃性などの改善にも効果が期待できるようです。

 

・メチオニン(必須アミノ酸)

肝機能の強化に効果があります。

 

犬に与える時に気をつけたい、ササミに含まれるリンについて

ササミは犬が食べてもよい、ということをお伝えしましたが、

1つだけ、気を付けなければならないことがあります。

それは、ササミに含まれる「リン」という成分です。

リンはミネラルの一種で、体に必要な栄養素ですが、大量に摂取すると、

内臓疾患の原因になるおそれがあります。もともと腎疾患や肝疾患のある犬は、

悪化してしまう可能性があるので、より注意が必要です。

また、リンを多く含む肉だけを多く与えていると、リンの過剰摂取とカルシウム不足により、

骨がもろくなってしまう可能性があります。

 

〈20gの肉に含まれるリンの量〉

・鶏のムネ肉  30mg

・鶏のササミ   40mg

・鶏のもも肉   30mg

・鶏のレバー   60mg

ササミ以外では、レバーに多く含まれているようですね。

 

その鶏肉以外でもリンが多く含まれ、犬に与えない方がよい食材があります。

煮干・するめ・かつお節・のり・干しエビ・魚介類などです。

このようにリン以外にも、犬にとってよくない成分が含まれている食材も意外と多いので、

飼い主さんは注意が必要ですね。

 

犬のごはんやおやつにササミをプラスしてみよう

初めてササミを与える場合は、少しずつ食べさせてあげるとよいでしょう。

犬がササミを食べてアレルギーを発症することは、

あまり多くありませんが、全くないということでもありません。

肉食の犬はササミを喜んで食べるとは思いますが、

欲しがるからといって、一度にたくさん食べさせるのはやめましょう。

アレルギーがなくてもササミの大量摂取は、

消化不良による、下痢などを引き起こす可能性があるので注意が必要です。

 

ササミは低カロリーなので、犬がいつも食べているドッグフードに、

プラスして与えてもカロリーオーバーの心配はありません。

しかし、毎日与える必要もありません。茹でたササミは、タッパーなどに入れて、

冷蔵庫で3日間くらいは保存が可能です。

ドッグフードにプラスしたり、おやつとして時々与えてあげましょう。

 

〈もしアレルギー症状が出てしまったら〉

ササミを食べた後に、急に体を掻いたり、

顔をじゅうたんなどに擦りつけるような行動をしたら、

それはアレルギー症状かもしれません。かゆみを伴うことが多いので、

飼い主さんは、愛犬の様子をしっかり見ていてください。

 

かゆみ以外に、他の食材によるアレルギー症状と同様の、

嘔吐や下痢、元気がなくなる、などの症状が出る場合もあります。

気になることがあれば、すぐに動物病院で診てもらうことをおすすめします。

ササミの栄養成分から考えても、積極的に与えたい食べ物でもあります。

様子をみながら与えてみましょう。

 

ササミを使った犬ごはんのレシピ

〈ササミを柔らかく茹でるコツ〉

・材料

ササミ 2本

水   800CC

①ササミのスジは取り除いておきます。

②お湯が沸騰したらササミを入れ、

 2分ほど茹でたら火を消します。

③そのまま放置して、お湯が冷めるまで待ちます。

 余熱でゆっくり火が通るので、柔らかくできあがります。

④取り出して手で細かく割いておきます。

 

※茹で汁は後でも使えるので置いておきましょう。

氷皿で冷凍しておくと便利です。

 

〈ササミと白菜とサツマイモのあえ物〉

・材料

茹でて割いたササミ 適量

白菜       少々

サツマイモ    少々

すりごま     少々

①白菜とさつまいもは柔らかく茹でて、

 細かく刻んでおいて下さい。

②白菜とさつまいもとササミをあえて、

 ごまを少量、振りかけて下さい。

 

〈ササミとキノコのトマトスープ〉

・材料

ササミの割いたもの 適量

しめじ         2本くらい

プチトマト       2個

ササミの茹で汁    適量

①しめじを細かくみじん切りにしておきます。

②ササミの茹で汁に刻んだしめじを入れ

 柔らかくなるまで茹でます。

③プチトマトを4等分し、一緒に煮込みます。

④最後にササミを入れて完成です。

ドッグフードにかけてあげて下さいね。

 

〈かんたん無添加ササミのジャーキー〉

・材料 

ササミ 適量

①ササミのスジを取っておきます。

 縦に6等分にして、

 上からラップをかけて、手で押さえ薄くします。

②クッキングシートの上にササミを並べます。

③低温150度から170度で、30分から40分焼きます。

④返して20分ほど焼いて、パリパリ状態になったら完成です。

 

手作りの無添加ササミのジャーキーは、安心して与えられるものです。

市販品は添加物を使っているものもあるため、

愛犬に与えるのに不安が残ります。ジャーキーは、意外にかんたんに作れるものです。

愛犬のために、おやつも手作りしてみてはいかがでしょうか。

 

今回は、ササミについてご紹介しました。ぜひ、参考にして下さい。

 

-食事

Copyright© オールインわん , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.