食事

犬はどんなものを食べていいの?愛犬にキウイを与えることについて

投稿日:

おいしいものをもらう時の愛犬の目ってイキイキしていますよね。

食べることが大の楽しみの愛犬に、できるだけおいしいものをたくさん食べさせてあげたいと

多くの飼い主さんが思っていらっしゃることでしょう。ビタミンCが豊富で、おいしい上に、

健康にも美容にも役立つキウイフルーツですが、犬にあげてもよい食べ物なのでしょうか? 

キウイフルーツを犬にあげることについて、ご紹介していこうと思います。

 

キウイを犬に与える時には

キウイを犬にあげることについては、何の問題もありません。

愛犬が欲しがるなら、キウイをあげてもよいでしょう。

しかし、キウイは、犬の食事にどうしても必要なものというわけではありませんので、

おやつがわりにあげるようにしましょう。キウイには水分がたっぷりと含まれていますので、

夏バテ予防や熱中症対策に有効です。

また、繊維質が豊富に含まれていますので、便秘ぎみの犬に与えるとよいでしょう。

 

ただ、皮ごとあげるのはやめてください。

皮には、農薬がかかっていることがあり、皮についた農薬のせいで、犬の具合が悪くなってしまうこともあります。

犬だから、皮ごとあげても大丈夫だろうと思わずに、きちんと皮をむき、細かく切り刻んで与えるようにして下さい。

キウイはおやつがわりですから、たくさんあげるべきではありません。

人間も、キウイを1日にいくつも食べたりしませんよね。犬も同じです。

 

例え、あなたの愛犬が、キウイをとても好きだとしても、まるまる1個あげたりするのは考えものです。

もしも、キウイをおやつにあげるならば、薄く切ったキウイを1切れほど。

小型犬なら、薄く切ったキウイの1/3程度で十分でしょう。それより少なくてもかまいません。

あまりにも少なすぎてかわいそうと思うかもしれません。また、犬は大好きなおやつをもらう時、

ものすごーくかわいい目をしますから、ついつい、その視線に負けて、たくさんあげたくなってしまいますよね。

 

でも、そこはグッとガマンして、「もうおやつはおしまい」と、きっぱりと犬に言うべきです。

というのは、あまりにも食べすぎてしまうと、犬の体が冷たくなってしまい、

下痢の原因になってしまうことがあるのです。キウイをあげる時の量は、少量。

それは絶対に心がけるようにして下さい。

 

キウイアレルギーに要注意

ごくわずかですが、犬の中には、キウイにアレルギー反応を起こす犬もいます。

はじめて、キウイをあげる時には、指先ほどの量にとどめて、様子を見ましょう。

もしも、キウイをあげてから、下痢や嘔吐をしたり、身体をかゆがったり、目が充血していたり、

グッタリとしていたりするようだったら、キウイにアレルギー反応を起こしている可能性があります。

すぐに、動物病院へ連れていくようにしましょう。

 

キウイだけでなく、他の果物の場合も同様です。

特に、メロンや桃などは、アレルギー反応が出やすい果物だと言われています。

どの果物も、初めてあげる時には、ごく少量だけ与えて、様子を見るようにしましょう。

初めての食材をあげる時は、その後数時間、犬と一緒にいられる日の方がいいですね。

外出しなければならない時や、忙しくて犬の様子を見ていられないという時には、初めての食材をあげるのは控えましょう。

 

キウイだけじゃない!おやつがわりにピッタリの果物や野菜

おやつがわりにピッタリな果物は、キウイだけではありません。例えば、バナナ。

甘いバナナを大好きだという犬はけっこういます。バナナを細かく切って与えるだけでも喜びますが、

ヨーグルトやきなこ、黒ゴマにまぜてあげるとさらにおいしさアップです。あなたの愛犬の喜びも増すかもしれません。

 

「1日1個で医者いらず」といわれるりんごは、人間の健康のためにも非常に良いとされる果物ですが、

犬の健康のためにも有効です。りんごに含まれているリンゴ酸は、疲労回復に非常に良いとされていますし

繊維質も豊富に含まれているので、便秘改善にも有効です。

りんごが大好きな犬は、沢山います。おやつがわりに、りんごをあげるのも良いでしょう。

 

また、いちごや、ブルーベリーなどのベリー系の果物はガン予防にも効果が期待できるといわれていますし

オレンジやレモン、グレープフルーツなどのかんきつ系は、クエン酸を多く含んでおり

体内のミネラルバランスを保つのに有効です。その他、すいかや、柿など、おいしい果物はたくさんあります。

旬の果物をおやつがわりに、あげるようにしてみましょう。

 

ただし、どの果物も、与えすぎには注意をしてください。

また、大きな切れをあげると喉に詰まらせる危険もあります。すりおろすか、細かく切って与えるようにしましょう。

果物だけでなく、野菜をおやつ代わりにするのも、健康のためにはいいでしょう。

きゅうりや、トマト、キャベツ、ブロッコリー、ダイコン…。

犬が食べてもよい野菜は、たくさんあります。犬が食べてもよい野菜を、ごく少量、おやつがわりにあげてみましょう。

ただし、どの食材も、犬にムリをさせてまで食べさせる必要はありません。犬が喜ぶ食べ物をいろいろと探してみましょうね。

-食事

Copyright© オールインわん , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.