基本

犬だってやきもちを焼く!やきもち焼きの犬に困った時の対処法とは

投稿日:

やきもちを焼く犬なんて聞いたことがない!と思うのは、犬を飼ったことがない人のせりふでしょう。

もちろん、犬によって性格は様々ですから、すぐにやきもちを焼く犬もいれば、滅多にやきもちなんて

焼かないという犬もいますけれども、犬を一度でも飼ったことがある人なら、犬には豊かな喜怒哀楽があり

もちろん、やきもちだって焼くことがあると、すぐにわかっていただけると思います。

軽いやきもちだけなら、可愛いなあですませることができますが、時には、厄介なやきもちもありますよね。

そういうわけで、犬のやきもちについて、お話していきます。

 

よその犬にやきもちを焼くことがある

例えば、犬の散歩をしていると、他の犬にすれ違うことってよくありますよね。

犬同士が、吠え合って喧嘩し合うようだったら、近づくこともできませんが、犬同士が仲が良く、

お互いにクンクンとかぎあい挨拶しあって、和気あいあいとした雰囲気をかもしだす、なんてことも

あると思います。そんな時には、飼い主さん同士でお話したり、あるいは、相手の犬を撫でてあげたりしますよね。

 

そんな時、あなたと相手の犬の間に、あなたの愛犬が割り込むことがありませんか。

これは、あなたの愛犬が、相手の犬に、やきもちを焼いている証拠です。

「わたしの大事な飼い主さんなんだから、あなたは、なでてもらわないで」

と、相手の犬に言っているわけですね。

 

 それだけならいいのですが、あなたになでてもらっている、その相手の犬に向かって、あなたの愛犬が、

突然吠えかかる場合があります。今まで仲良くしていたのに、あなたが、その相手の犬をなでたとたんに、

突然、激しく吠え出したとしたら、これは明らかに、あなたの愛犬が相手の犬に激しいやきもちを焼いている証拠です。

「わたしの大事な飼い主さんに、近づかないで!」とでも言っているんでしょうか。

こんな時に、犬を叱ってもあまり意味はありません。相手の飼い主さんにあやまって、スッとその場を離れましょう。

よその犬よりも、あなたの愛犬の気持ちを優先してあげることが大切です。

 

赤ちゃんにやきもちを焼いた場合

散歩中にすれ違うだけの、よその犬にやきもちを焼いて吠えているなら、

相手から離れればいいだけですから、そんなに困ったことにはなりません。

問題は、家の中で起こるやきもちです。例えば、あなたの家に、新しく赤ちゃんが来た場合。

その赤ちゃんに、犬がやきもちを焼きはじめたら、ちょっとこれは、厄介ですね。

 

犬の身になってみれば、新しい赤ちゃんにやきもちを焼いてしまうのは、当たり前のことともいえます。

今までは、飼い主さんの家族の愛情を独り占めしてきたのに、いきなり、その愛情が、突然現れた不可思議な

生き物に取られてしまったとしたら、もちろん、犬は、面白くないでしょう。犬には、その不可思議な生き物が

大事な赤ちゃんだということは、わからないのですから、突然出現した不可思議な生き物をただ煙たく思うだけでしょう。

 

やきもちを焼いた犬は、自分に注目してもらおうと、赤ちゃんを抱いているあなたを、前足でたたいたり、

鼻でつついたりすると思います。無理やり、あなたに身体をすりつけてくるかもしれません。

それだけなら、まだいいのですが、時には、自分に注目してもらいたいあまりに、今までしなかったいたずらを、

次々にすることもあります。あるいは、赤ちゃんに吠えかかったりすることもあります。

そんな時に、犬を叱るのはかわいそうです。大切なことは、犬の気持ちを汲み取ってやるということ。

赤ちゃんのお世話が大変で、なかなか今まで通りに、犬をかまってあげることはできないかもしれませんが、

それでも、なるべく、犬に、しっかりかまってあげましょう。

家族の人に協力してもらえるなら、赤ちゃんを他の人に見てもらっている間に、

犬との時間をたっぷり取るのもいいかもしれません。

 

また、犬のストレスを発散させてあげることも大切です。広く走り回って遊べる公園などに連れていって、

思いきり走り回らせたり、遊んであげたりして、犬を思う存分、楽しませてあげましょう。

週に一度くらいでいいので、そのように、犬のストレスを発散させてあげるようにすると、犬の態度も大分変わってきます。

大事なことは、赤ちゃんに、飼い主さんの愛情を取られた、犬の寂しい気持ちをわかってあげるということ。

やきもちを焼いて起こす行動は、言葉が話せない犬が、全身で示している合図でもありますから、

その合図をしっかり受け取ってあげましょう。

 

上手な多頭飼いの方法とは

先住犬が、新しく来た新米犬に、やきもちを焼く場合もあります。

飼い主さんは、どうしても、新しい犬に気を取られてしまいがちです。新しい犬の世話ばかりしていると、

先住犬が気を悪くして、やきもちを焼き、新しい犬に吠えかかったり、喧嘩したりしてしまうことがあるでしょう。

大事なことは、ここでも、やはり、先住犬の気持ちです。まずは、先住犬が仲良くできる犬を、新米犬に迎えること。

これは、第一前提です。犬同士がとっても仲良しなら、やきもちは起こりにくいですし、飼い主さんも、

二匹の犬を同時に可愛がりやすいですよね。ですから、多頭飼いをしたいと思ったら、先住犬が気に入る犬を選びましょう。

 

できれば、先住犬が、1歳までの間に新しく迎える犬を選びたいところです。

というのは、1歳を過ぎると、初めて出会う犬と仲良くするのが、なかなか難しくなってくるからなのです。

1歳までは、わりとどんな犬とも仲良くできますから、多頭飼いを考えているなら、

先住犬が1歳までの間に、次の犬を選ぶようにしましょう。

そして、二匹の犬がお互いにやきもちを焼かないように、常に平等にかまってあげること。

これは、とても大事なことですから、忘れないで下さいね。

 

-基本

Copyright© オールインわん , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.