基本

犬に噛まれた時の処置方法と心配な感染症について知っておきたいこと

投稿日:

犬に噛まれてしまったら、どうすればよいのでしょう。

犬の性格は犬種によって、おとなしい、攻撃的であるなどの傾向はありますが、

それぞれの育った環境によっても大きく変わります。

 

「うちの愛犬はおとなしいから大丈夫」、「きちんとしつけているから」など、

多くの飼い主さんはそう思われることでしょう。

しかし、どんな犬にも噛む本能があります。

飼い主さんと遊んでいる時に、興奮して噛み付いてしまったり、

相手を威嚇するため、危険を感じた時など、犬には様々な理由があるのです。

 

愛犬に噛まれるというのは、飼い主さんにとってはかなりショックな出来事です。

しかし、もし自分が噛まれたり、人を噛んでしまったら。

その時のために、必ず知っておかなければならないことがあります。

その対処方法などをご紹介します。

 

もし犬に噛まれてしまったらどうすればいいの?

犬の歯を見たことがありますか?もともと肉食の犬は、

肉を噛みちぎれるようにキバのような鋭い歯を持っています。

鋭い歯は簡単に人の皮膚に大きなダメージを与えてしまいます。

また、歯磨きなどで犬の口の中をどんなに清潔にしていたとしても、

歯には多くの細菌が存在しています。噛まれてそのまま放置していると、

あとから病気を発症してしまう可能性があります。

小さな傷であっても、自己判断せずに病院で診てもらうことをおすすめします。

 

〈噛まれた時の応急処置の方法〉

・傷口を水道水で洗い流す

噛まれた時に、菌が付着しているおそれがあるので、

傷口付近を十分に洗い流しましょう。そのまま放置してしまうと傷口で菌が増え、

体内に侵入してしまう可能性があります。その後に洗った傷口を消毒薬で消毒しておくとよいでしょう。

 

・出血が多い場合は止血します

傷が深く血管を傷つけてしまった場合は、なかなか血が止まらないことがあります。

ガーゼや清潔なタオルで少し強めに押さえて圧迫しましょう。

噛まれた場所が手の場合は、

腕を心臓より高くした状態で、しばらく圧迫すると止血しやすいです。

 

・早めに病院で診てもらいましょう

小さな傷であっても、感染症のおそれもあるため、病院で診てもらいましょう。

医師の判断により、細菌感染を防ぐために、抗生物質の処方をされることが多いようです。

 

犬に噛まれた時の危険な感染症について

〈破傷風〉

飼い犬にはワクチンの接種が義務付けられています。

破傷風もその1つです。感染する可能性は非常に少ないですが、

ワクチンの効果は完全なものではありません。

破傷風の初期症状は口が開きにくくなる、というのが特徴です。

重症化すると歩行障害・排尿障害・筋肉の硬直・呼吸困難

などの症状が現れます。しかし、早めに受診すれば、発症を抑える治療が可能です。

 

〈狂犬病〉

狂犬病のウィルスを持つ犬に噛まれることで感染します。

発症した場合、致死率はほぼ100%の非常に怖い感染症です。

主な症状は、発熱・食欲不振・頭痛・嘔吐などがあり、

重症化すると水への恐怖感・錯乱・幻覚などの症状が現れます。

しかし日本では、

飼い犬には狂犬病の予防接種が義務付けられています。

日本で犬に噛まれても、狂犬病に感染する可能性は非常にまれです。

日本で狂犬病の報告がされたのは、1965年が最後なのだそうです。

気を付けなければいけないのは、海外で犬に噛まれることです。

他の国では、狂犬病を発症して亡くなる方がおられます。

旅行や仕事などで海外に行かれる時は、

むやみに犬に近づかないように注意して下さい。

 

〈パスツレラ症〉

犬に噛まれることで感染します。パスツレラ菌に感染すると、

患部がズキズキと痛み、腫れたり化膿することが多いです。

また気管支炎などを引き起こす可能性があります。

驚くことに、75%の犬の口の中に、このパスツレラ菌が存在しているのです。

潜伏期間は非常に短く、噛まれた直後から2日くらいです。

ペニシリン系および、フェム系の抗生物質が有効なので、

早めに受診することで症状を軽く抑えることができます。

 

ちなみに猫のパスツレラ菌の保有率は100%だそうです。

爪にもこの菌を保有しているため、

引っかかれても感染するおそれがあります。猫にも十分気を付けましょう。

 

噛む理由を理解し、噛ませない工夫も必要

犬は家族という群れの中で、リーダーを決める習性があります。

飼い主さんが群れのリーダーであれば言うことを聞きます。

しかし、従順な犬であっても、恐怖や威嚇で噛み付くことはあります。

嫌なことをされる恐怖から、その行動をやめさせるために威嚇します。

威嚇が通用しないと思ったら噛み付いてしまうのです。

多くの場合、犬は噛み付く前に威嚇し、「これ以上やめて!」と伝えています。

怖がりの犬によくみられる行動です。

犬が怖いと感じるような行動はできるだけ避け、

威嚇をさせないようにする工夫も必要です。

もし噛まれた時は「痛い!」と短い言葉で伝えましょう。

 

大きな声で叱ったり、叩いたりしてはいけません。逆効果になります。

犬は無視されるのが一番辛いようです。

少しの間、知らんぷりをするのが効果的かもしれません。

何度か繰り返していくうちに、犬もしっかり学習していきます。

 

噛み癖をつけさせないために、愛犬に人を噛ませないための努力が、

飼い主さんにも必要だということを覚えておきましょう。

 

もう1つ気を付けたいことは、愛犬をむやみに他人に近づけないことです。

犬も人と同じで知らない人には警戒もしますし、

不安を抱くものです。気を付けてあげましょう。

 

犬に噛まれた時の処置方法や、感染症についてご紹介しました。

いざという時に困らないよう、しっかり知っておきたいことですね。参考にして下さい。

 

-基本

Copyright© オールインわん , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.